トップスタッフ日記>2014年01月

2014年01月のブログ

1

2014.01.24 サヨリ

冬の名物のサヨリが来ていますので
釣りに行ってきました

朝の9時過ぎから友人と2人で
午前11時半頃から鹿嶋市の別荘を買っていただいた
松本さまと3人でやりました
午後1時半過ぎまでで123匹釣れました Wink

大きいのは35センチ前後です
これからもっと大きくなってきますね
楽しみです
2014.1.22%E3%82%B5%E3%83%A8%E3%83%AA.JPG 2014.1.22%E3%82%B5%E3%83%A8%E3%83%AA02.JPG
刺身で食べてみましたら、あっさりで美味しかったです
次回も釣りますね
Laughing

投稿者 松下 | PermaLink | コメントを書く(0) | トラックバック(0)

2014.01.13 初釣り

正月に初釣りに行ってきました
なかなか釣れませんでしたが、何とか今年
初のスズキが釣れました
こんな時期に暖かい時期に釣れるヒラスズキとは
やはり毎年より水温が高いということなのでしょか
2014.1%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD.JPG

アイナメもルアーで釣れました Smile
2014.1%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%A1.JPG  

サヨリがいっぱいいてルアーに引っ掛かります
しかしそれを食べる魚がいません
2014.1%E3%82%B5%E3%83%A8%E3%83%AA.JPG  

別の日ですがサヨリを釣りに行きました
友人と2人で2時間で5匹くらいしか釣れませんでしたが
この場所でサヨリを釣ったのが私たちだけだったので
良しとしましょう

白鳥がいました Surprised
北浦湖では白鳥は見慣れていますが
海での白鳥は初めて見ました
写真では小さく見えますが、実際は大きいです
みんなで「近くで見ると大きいねーー!」といいながら見てました
2014.1%E7%99%BD%E9%B3%A5.JPG   

 この後、夕方から友人とスズキ狙いです

上のが友人が釣ったヒラスズキ
下のが私が釣ったマルスズキ
見た目はやはりヒラスズキがカッコいいですね
2014.1%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB.JPG  

夜、帰りにサヨリ釣りのポイントでは夜にアジが釣れないのかなと見てきました
アジ釣りの人はいないので、釣れないのでしょう
ただ投げ釣りの方がいて、見ていたら4本の竿の2本がコンコンあたっています
釣り上げたのはアナゴでした。
真下とちょこっと投げてすぐに釣れていました

これはやってみたいと思いましたね Laughing

その後、30分試しに小メバル釣りです
友人が12センチくらいのメバルを釣って
私は同じくらいのメバルに遊ばれただけでした
後味が......... Embarassed
また頑張ります Smile

投稿者 松下 | PermaLink | コメントを書く(0) | トラックバック(0)

2014.01.01 新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

1月1日に成田山新勝寺に行ってきました
これは昨年お客様に成田山新勝寺のお札をもらったので
お札を納めてきました

駐車場の込まない場所を友達に教えてもらったので
渋滞はなしでした

本堂までの道のりは流石に人が多いです
2014.1.1%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B1%B101.JPG  

人がいっぱいです
2014.1.1%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B1%B102.JPG


本堂は立派ですね
2014.1.1%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B1%B103.JPG

昼ご飯を食べてから、今度は地元の鹿島神宮にお札をもらいに行きました

夜ばかり行っていたので、昼はスゴイですね

  2014.1.1%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE01.JPG

入口です
2014.1.1%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE02.JPG

本堂はかなり古い作りです
歴史を感じます
2014.1.1%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE03.JPG

鹿島神宮でお札を返しに行ったときに
真後ろに私のお客様の小島さまがいらっしゃいました
お互いに笑ってしまいましたね
私と会う前に弊社の社員の村田に会ったそうで
よほど松下地所ホームと縁があるのでしょうね Laughing

今年も楽しい一年になるよう頑張りましょう!!

投稿者 松下 | PermaLink | コメントを書く(0) | トラックバック(0)
1